recto family
アメリカで日本のテレビ番組を 〜解説:キャプチャー編〜

システム全体像の解説、キャプチャー編です。

私は日本側にHauppauge HD-PVRを設置したわけですが、この製品には幾つかのソフトウェアが付属してします。アメリカのPCからVPN接続によってHD-PVRが接続されているPCにアクセスして、それらのソフトウェアを使って録画予約等の操作をします。

IR Blaster、スケジューラー編で紹介したスケジューラーは、スケジュールされた時間にIR Blasterによってチャンネルを設定、それと同時にHD-PVRに付属のArcSoft TotalMedia Extremeというソフトウェアのキャプチャーアプリケーションを起動します。

この際、録画するファイルフォーマットやHD-PVRに関する設定はは予めキャプチャーアプリケーション側で終了していなければいけません。キャプチャーアプリケーションは、M2TS、TS、MP4の3種類のファイルフォーマットをサポートしています。私の場合にはシステム全体像にあるように最終的にRokuで再生する事を目指しているので、RokuのUSB Media PlayerがサポートしているMP4を選択しました。Rokuの他にPCで視聴する、あるいはApple TVで視聴するという事を目的にされている場合にはMP4を選択されることをお勧めします。M2TSやTSファイルはAVCHDコンパチブルなのでBlu-ray discやDVDを作成することを最終目的にされている場合にはそちらの方が最適です。

しかし、このMP4ファイルにはパッケージングに問題があるらしく、MacのQuicktime Playerでは再生出来たものの、RokuのUSB Media Playerでは再生出来ませんでした。いろいろ検索してみたところHD-PVRのMP4ファイルに関しては既知の問題のようです。

この問題を解決するために、いろいろ調べましたが、FFmpegを使用する事にしました。FFmpegは非常に有名なメディアファイルの変換ツールで、かなり高速ですが、TV番組を録画したような大きなメディアファイルを扱うには、やはりそれなりに時間がかかってしまいます。そこでFFmpegのオプションをFFmpeg Documentationで調べたところ、vcode/acodeオプションをcopyに設定する事によってデータ量の大きいcodecの変換を避ける事が出来る事が分かりました。私の場合には下記のようなコマンドを実行してリパッケージをし、この問題を回避したところRokuのUSB Media Playerで再生できるMP4に変換することが出来ました。codecの変換を避けているので、それほど時間も掛かりません。

ffmpeg -i {input file} -vcodec copy -acodec copy -aspect 16:9 -r 29.97 -ac 2 -async 1 -ab 256k {output file}

一つの問題はFFmpegは基本的にインストール可能なツールとして提供されておらず、ドキュメントに従うなどして、各自がコンパイルしなければ成らないことです。私の場合はMacユーザーですので、FFmpeg on Macというドキュメントに従ってFFmpegを用意しました。このドキュメントに従ったところ15分程で作業は完了したので、比較的簡単な作業だと言えると思います。

こうして、漸くRokuのUSB Media Playerで日本のテレビ番組をみるという目的は達成されました。また、最後のMP4のパッケージに関する問題は、RokuのUSB Media Playerのような判別の厳しいもので無ければ発生しない場合も多いと思います。ですので、PVRの設置に際してplayerの購入を検討される場合には、こうした問題も考慮されるといいでしょう。既にplayerをお持ちの場合には、私同様FFmpegで問題回避が必要という場合もあり得るでしょう。

  1. recto999の投稿です